ご挨拶

Greeting

 秀岳館高等学校は、1923年(大正12年)に代陽実業補習学校として開校し、1956年(昭和31年)に八代商業高等学校、1963年(昭和38年)に八代第一高等学校、2001年(平成13年)に秀岳館高等学校に校名変更し、2023年、学校創立100周年を迎えます。

 これまで本校は、『中道を歩み 社会有為の材となることを期せよ』の校訓のもと、人材の育成に尽力し、地域社会に広く貢献してまいりました。これまでの卒業生は3万有余人を超え、全国津々浦々、各方面で広く活躍されております。現在は「未来の創造へ進化」をスローガンに掲げ、3学科8コースで1000人を超える生徒が学んでおります。

 未来へと更なる発展を期すため、創立100周年記念行事として教育環境を充実させるべく、記念事業を進めてまいります。



秀岳館高等学校
  校長  中川 靜也

羽

創立100周年事業実行委員

Executive Committee
委 員 長
学校法人八商学園 理事長
秀岳館高等学校 校長
中九州短期大学 学長
中川 靜也

委     員
学校法人八商学園 専務理事
古田 利成

委     員
秀岳館高等学校 同窓会会長
富田 義信

委     員
秀岳館高等学校 保護者会会長
飯田 兼三

委     員
秀岳館高等学校 保護者OB会会長
園川 正人

委     員
中九州短期大学 同窓会会長
丁  道夫

委     員
中九州短期大学 保護者会会長
堀  徹男

委     員
中九州短期大学 保護者OB会会長
尾上 暁子

委     員
秀岳館高等学校 保護者会顧問
本村 孝博

委     員
秀岳館高等学校 保護者会顧問
高野 真哉

委     員
法人本部事務局長
秀岳館高等学校 副校長
鶴濵 邦一


羽

現況報告

Current status report

 2018年3月15日に日本初となる木造4階建て新校舎が竣工し、新たな一歩を踏み出しました。2018年12月に役目を終える旧校舎跡地は、メモリアルホール等の施設や、広く地域住民の皆さまに開放し、生徒たちと、ふれあいの場として生まれ変わります。


羽

記念式典

Ceremony




羽

記念事業として

As a memorial project

①メモリアルホール(仮称)

②ふれあいの広場

③生徒駐輪場の設置等



羽

ご寄付のお願い

Please make a donation

 学園で学ぶ生徒たちが、充実した教育環境で成長できるよう、更に秀岳館高等学校が地域に根差した高校として発展していけるよう、皆さまのご理解、ご協力をいただければ幸いです。

 皆さまからのご厚志は創立100周年記念事業として、施設設備の充実、生徒の教育活動、地域に開かれた学園づくりに活用させていただきます

 同窓生の皆さま、学園ゆかりの皆さま、各界の皆さまにおかれましては、創立100周年記念事業の趣旨をご理解いただき、あたたかいご支援を賜りますようお願い申し上げます。


① 寄付金募集期間

2018年9月から2023年8月

② お申し込み方法について

銀行名:ゆうちょ銀行
口座番号:01720-6-147640
口座名義:秀岳館高等学校創立100周年記念事業実行委員会
※振込は赤の用紙でお振込みいただきますと、手数料がいりません。



③ ご寄付金額について

一口 3,000円 (整理の都合上)
※口数・金額に関わらず、任意の金額もありがたく お受けいたします。



④ 寄付者の特典について

 税制上の優遇 個人・法人とも寄付金に関しましては所得から控除され、 税制上の優遇措置を受けることができます。

個人の場合

A:税額控除制度 (当該年中に支出した寄付金額)×40%
B:所得控除制度 (当該年中に支出した寄付金額)×所得税の税率
※A、Bどちらか有利な方を選択していただき、 確定申告の際に必要書類を所轄の税務署へご提出ください。

法人の場合

寄附金に対する損金算入手続きには、特定公益増進法人に対する寄付金と受配者指定寄付金による方法がありますので、事前に本校事務室にご連絡ください。

※詳しくはこちらをクリックしてご覧ください。
【法人】 【個人】