🏫🙇‍♀️感謝・「一般社団法人震災復興子ども支援 代表理事 佐渡忠和さん」🙇‍♀️🏫

4月28日

4月19日(月)、「一般社団法人震災復興子ども支援代表理事 佐渡忠和さん」が、「希望への鯉のぼり~春風に、祈りをのせて~」という取り組みをされているなかで、本校にも「10メートルの鯉のぼり」を、持ってきてくださいました
佐渡さんは、全国の被災地の子どもたちのために活動をされています。今回は、来月、5月4日、5日に、広島、南阿蘇、益城、人吉で、被災地の子どもたちが寄せ書きをした10メートルの鯉のぼりを、薫風爽やかな5月の大空に泳がせるイベントを主催されます。
本校が昨年から続けているボランティア活動や広島県小屋浦小学校の子どもたちとの繋がり、熊本地震での活動のことを知られ、「こんな活動を続けている高校生にも鯉のぼりをあげてほしい、そして大空を見上げ、未来を見つめて欲しい」と、持ってきてくださいました。
実は、佐渡さんは広島のご出身で、小屋浦小学校と小屋浦みみょう保育園の子どもたちが、土嚢袋を送ってくれたことも、よくご存知でした。
人と人との繋がりの不思議さ、ご縁が広がっていくことの有り難さを感じました。
本当にありがとうございます🙇‍♀️