熊本豪雨災害・サッカー部の活動

7月13日

7月12日(日)は、男女サッカー部のみ活動させていただきました。
実はサッカー部は、学校としてお手伝いに行かせていただく前から、活動をいたしておりました。サッカー部には、人吉・球磨地区出身の在校生、卒業生がいます。そのご縁から、いち早く復旧作業のお手伝いに駆けつけました。
以下、7月12日(日)の活動の状況をサッカー部の報告からご紹介いたします。
⚽️ボランティア活動
7月12日(日)は、マイクロバス4台男女90名編成で下薩摩瀬町で災害ゴミ撤去・集積所への運搬、鍛冶屋町・温泉町で土砂や泥水の除去などを行いました。女子は、泥を除去した後の拭き上げを担当しました。湿度の高い蒸し暑い1日でしたが疲れている被災者の方と目があったら無言で「微笑み返し」をテーマに頑張り、怪我なく終わりました。ありがとうございました。これから三年生は、進路確定の時期になります。今後は、一年生・二年生を中心に編成したいと思います。