換気用ドアストッパー 手作りしました!

12月8日

12月に入り、急に冷え込むようになりました。コロナ鍋の今年は感染予防のための換気が例年以上に必要になります。今月から本校は、暖房が入っていますが、より一層の換気に努めたいと考えて、クラスごとに工夫をしながら換気をしていました。そこで建設工業科の1年生1組・2組の生徒たちが、実習で余った角材を利用して、ドアストッパーを全クラス分作ってくれました!

教室の窓際と廊下側の窓をそれぞれ10~20㎝開けることを文科省が推奨しているので、そのサイズにストッパーの長さもあわせています。

これから益々、冷え込む時期に入りますが、可能な限り常に換気をして感染予防に努めていきます!