秀岳館高校

「思春期講話」

本日は、1年生から3年生まで、男女に分かれて「生と性」についての理解を深め、「命」の大切さを学びました。
男子への講話は「池田 稔 医師
(池田クリニック 院長)」、女子への講話は「池田 景子 医師
(池田クリニック 副院長)」、お二人が合志市から駆けつけてくださいました。
男子へは、「大人の身体と基準」「身体のしくみと手入れの方法」「大人のこころ」「性の男女平等」と項目ごとに具体例や先生のところに届いた文書を紹介され、正しい知識を持ち正しく使うことが大事だと話されたあと、『性』=命の繋ぎ方についての話がありました。「何故人間は有性生殖なのか、1人の長所が別の1人の短所を助けている、素敵なことである。」とまとめられ、自分はどう人を助けてあげられるのかを考えて欲しいと締め括られました。
女子への講話は、「命の大切さを考える」「避妊についての知識をつける」「自分で自分の身を守る」の項目ごとに話を進められ、「傷つけられていい人間はいない」「性暴力を受けた後、時間がたてば子宮は戻るが、心の傷はずっと残ってしまう」との話をされたあと、「本来、妊娠をしたら心から喜ばないといけない。しかし喜べない、望まない妊娠をしてはいけない。そのために、今の時期、彼氏だから、イケメンだからと軽い気持ちで性行為をしないでほしい。きちんと自分で責任をとれるようになってしなければならない。」と、一人ひとりに訴えかけられました。
男女ともに、自分の命を守るのは自分しかいない、自分自身を守るためにどう生きていくのか、考えを深めることができた講話になりました。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Send to LINE
0965-33-5134