秀岳館高校

インターハイ準優勝の男子弓道部が、胸をはって帰ってきました

女子野球部に続き、夕方4時すぎに男子弓道部が新潟県から帰ってきました。本当なら玄関前広場で出迎える予定でしたが、突然の大雨に雷。急遽、体育館での出迎えとなりました。また校長先生をはじめ先生方、女子弓道部、各部活動の生徒たちが集まり、入り口から花道を作り、拍手で出迎えました。
はじめに、福田到監督から、試合の流れ、1試合1試合での選手の様子などの話がありましたが、例年の大会とは違い、密集を避けるため試合場には30分前にしか入れなかったとのことでした。続いて、選手が1人ずつ今の思いを話してくれましたが、悔しさの中にも学んだこと、成長できたこと、初めて経験したことなど、それぞれに違う内容でした。
最後に校長先生から「的に当てるだけが弓道ではない、試合場に入ってから出て行くまでが、弓道。技能優秀賞をいただいたのは一校だけ。日頃から精進している結果が出た。君達は日本一だ。この雷や大雨も、自然もみんなのことを喜んでるようじゃないか、さっきまで暑かったが、恵みの雨だ」と話され、選手や監督を労われました。
本校の男子弓道部は、国体にも出場します。早速、明日からは国体に向けての練習が始まります。お盆もお正月も、1日も休まず練習をするのが伝統の弓道部、国体での日本一を期待しています。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Send to LINE
0965-33-5134