秀岳館高校

熊本県南部豪雨災害・ボランティア活動104日目

先週は本校のオープンスクールがあり、行けませんでしたので、2週間ぶりの活動です。夏休みに入って、2回目です。
本日は、建設工業科2年生と3年生、職員合わせて16名で、校外実習を兼ねた活動を行いました。地域の自治集会所のリフォーム作業です。
コミサポひろしまの小玉さんから作業内容の説明を受け、それぞれ持ち場につきます。外壁の杉板張り、室内の壁の塗料塗り、台所のパネル張りなどをテキパキと行いました。生徒たちの仕事振りには、いつも感動します。
室内の壁を白の塗料で塗っていくと、部屋の中がだんだん綺麗になり、明るく感じます。いつもながら見事な仕上がりですが、日本家屋の陰影の美しさが一段と際立ちます。生徒たちが白の塗料で塗る前に、小玉さんと渡部教頭が壁に落書きをしていましたが、いつまでも少年の心を持ったオジサン2人に、生徒たちは苦笑。でも、喜んでもいました。
暦の上では、明日は立秋ですが、厳しい暑さの1日。そこで大型扇風機を回しながら作業を行い、30分ごとに給水を摂るなど、熱中症対策も万全にして活動を行いました。。
お昼ごはんを運んで来られた校長先生も、汗だくになって生徒たちの汗を拭かれていました。アルコールシートは冷たく冷やしてあるので、生徒たちは本当に気持ち良さそうです。
今日も無事に活動を終えることができ、校長先生も安心されていました。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Send to LINE
0965-33-5134