秀岳館高校

「第24回地域・秀岳館ふれ愛まつり」

「第24回地域・秀岳館ふれ愛まつり」、大盛況でした

ギリギリまで、開催するかどうか考えられていた校長先生、昨年よりも行事が少なく修学旅行にも行けなかった今年の3年生のために、生徒会や3年生とも話をされ、開催すると決断された、今年の「ふれ愛まつり」。たくさんの方々に、ご観覧いただきました。会場のNakagawaふれ愛アリーナは、24時間の換気システムを完備しており、会場には6台のオゾン発生器も設置しましたし、出入り口を1ヶ所にして、観客の皆さんには検温と消毒のご協力を いただき、不織布マスクもお配りしました。
午後1時半の開演でしたが、早い方は12時過ぎに来場されました。
歌あり、ダンスあり、漫才あり、コラボ演奏あり、吹奏楽部や雅太鼓部の演奏は2部構成、建設工業科の生徒作品のプレゼントコーナーも例年と同じように行いました。さらに今年は、トータルデザインコース生徒の浴衣ファッションショーのところで、着物ドレスのファッションショーも行いました。この着物ドレスは、八代市在住で、今年87歳の吉村さんが作られたもの、雅太鼓部の部員が着て登場すると、それはそれは華やかでした。あまり外出をされない吉村さんも来場され、校長先生にも入っていただいて、記念写真を撮りました。吉村さんは、今年のひな祭りの時、女子生徒全員に着物で作った雛人形をプレゼントしてくださいましたが、本校の生徒たちに、是非とも着物ドレスを着てファッションショーをしてもらいたいと、全部寄贈されました。せっかくならと、今日のお披露目となりました。
フィナーレの締めは、生徒会長平石くんのお礼の挨拶、明日が大学入試の平石くんですが、最後の片付けまで終えて、入試に向け出発しました。
この「ふれ愛まつり」を終えて、毎回感じることは、生徒たちはスゴいなぁ、生徒たちに助けられているなぁ、という思いです。感動せずには、いられません。
今日お越しいただいた方々からも、「楽しかった、こんなショーが観られて嬉しかったです。」「感動して、涙が出ました。」「生徒さんたちは、生き生きしていますね、表情が素晴らしい。」等々、たくさんのお褒めの言葉をいただきました。
また来年も開催できることを、心から願っています。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Send to LINE
0965-33-5134